【お知らせ】ボーイスカウト船橋第5団での新型コロナウイルス感染症対応

小さい子もボーイスカウト?
みんな気になる!ビーバー隊ってなんだろう!?

※本記事は千葉県連盟船橋第5団ボーイスカウトが運営しているサイトです。

ボーイスカウトと聞くと、ベージュの制服姿を思い浮かべるかと思いますが、中には水色の服を着て活動をしている小さなスカウトを見かけたりしませんか?

https://bs-funabashi5.info/wp-content/themes/muum_tcd085/img/common/no_avatar.png

実はボーイスカウトでは小学校1年生から入隊でき、ビーバー隊と呼ばれる小学校1年生〜2年生向けの部門がございます!

服装も違うのにボーイスカウトなの?と疑問に思う方もいらっしゃると思いますので、ここではビーバー隊についてご紹介したいと思います。

ビーバースカウトってなんだろう?

https://bs-funabashi5.info/wp-content/themes/muum_tcd085/img/common/no_avatar.png

水色の服を着ている子を見かけるけどボーイスカウトなの?

と疑問に思う方もいらっしゃるかと思います。

ボーイスカウトでは、キャンプやハイキングなど野外での活動が多いイメージですが、ビーバー隊の部門では野外での宿泊や、キャンプ活動などは行いません。
小学1年生〜2年生の年代に合わせた活動プログラムを展開しています。

またビーバー隊に所属しているスカウト(子ども)はビーバースカウトとも呼ばれます。

ビーバー隊とは?

https://bs-funabashi5.info/wp-content/themes/muum_tcd085/img/common/no_avatar.png

ビーバースカウトは、ボーイスカウトで最年少の小学1年生から2年生を対象としたプログラムで、小学校1年生の4月から受け入れを開始し、2年生までの2年間の活動を行います。

ビーバー隊の活動では、年代に合わせたゲームやクラフトを通じて、集団行動の中で「やくそく」「きまり」を覚えていきます。
難しいことを行うように見えてしまいますが、全く難しいことは活動しておりません!

みんなとともに仲良く遊ぶ」「自然に親しむ」「楽しみや喜びを分かちあう

などをねらいとし、さまざまなことにチャレンジします。
「なかよし」をキーワードに、学校が違うお友達と、みんなで楽しく遊びながら「集団」に慣れていく活動をします。集団の中では、みんなで仲良く遊ぶために必要なルールを守ったり順番を待ったりすることも、遊びを通じて自然と身についていきます

ビーバースカウト活動のねらい

  • 「みんなとともに仲良く遊ぶ」
  • 「自然に親しむ」
  • 「楽しみや喜びを分かちあう」

上記のねらいを達成するため、指導者により活動が企画されます。

ビーバースカウト部門の歴史

https://bs-funabashi5.info/wp-content/themes/muum_tcd085/img/common/no_avatar.png

ビーバー隊ってそもそもなんなのだろう?

ボーイスカウト運動は1907年から始まり、100年以上の時が経ちますが、実はビーバースカウト部門に関しては、比較的最近、導入された部門となります。

元々ボーイスカウト運動が創立された1907年は、「ボーイスカウト」と呼ばれる部門があるだけでした。
この部門は11歳から18歳向けにプログラムで作られており、その後、世界各国にボーイスカウト運動が広まり、11歳より下の年代や、逆に18歳より上の年代などの部門が徐々に作られてきました。

https://www.dorsetscouts.org.uk/activity-centres/brownsea-island

そこから約63年が経ち、小学3年生未満の年代にも入れる部門が作れないかと研究が始まりました。

1970年代になると世界各国でカブスカウト年齢未満児(小学3年より下のお子様)のための新しいプログラムづくりへの研究が始まり、いくつかの国では実験段階を経て、ボーイスカウト運動の一部門に正式に採用されるようになりました。

ビーバー隊の日本への導入

日本では、1975年ごろからカブスカウト年齢未満児(小学3年より下のお子様)を

https://bs-funabashi5.info/wp-content/themes/muum_tcd085/img/common/no_avatar.png

小学3年生未満ですがボーイスカウトに入隊できませんか?

と当時、兄弟がいる家庭などから要望が多くありました。

当時の日本では「ビーバースカウト部門」を取り入れていませんでしたが、諸外国で、カブスカウト年齢未満児(小学3年より下のお子様)の少年を対象としたプログラムが発足していることから、
日本連盟も1975年より検討を開始し、1982年頃には全国で17個隊の実験隊を作り研究し、さらに全国で183個隊の試行隊の結果から、1986年に正式に「ビーバースカウト部門」は日本連盟の組織として採用されました。

ビーバー隊は女子も加入できます

ボーイスカウト活動は男子だけではなく、女子も参加できる活動です。
ビーバー部門では、1995年に女子も加入できるようになったと言われています。

ビーバースカウトという名称の由来について

ボーイスカウトでは、カブスカウト年齢未満児(小学3年より下のお子様)のための新しい部門づくりとして、このプログラムの名称を決めるため、次の考慮がありました。

  1. この年代の子どもたちにとって親しめる動物の名を取り入れる。ただしカブスカウト(小学3年生以上の部門)が用いている動物の名称とははっきり区分できるものであること。
  2. その名称は語感がよく、子どもにとって呼びやすく、覚えやすいこと。
  3. その動物の特徴が容易に想像がつき、形に表しやすいもの。
  4. かわいらしい動物であり、しかも、その動物の生態が教育上、相応しいものであること。

上記の考慮を踏まえながら、早くからこのプログラムに取り組み、それを確立したのがカナダのボーイスカウトになります。
カナダに生息し国民から親しまれている「ビーバー」を名称にしたと言われております。
その後、日本にも伝わり現在の「ビーバースカウト」と呼ばれる名称が生まれました。

千葉県でボーイスカウトを探している方へ

ビーバースカウト隊に興味がありましたら、是非ともお気軽にお問い合わせください!
千葉県連盟船橋第5団(当団)では、千葉県船橋市の北部、八木が谷・高野台・咲が丘・みやぎ台・二和・三咲・金杉地域を中心に活動をしています。

エリア外でもご安心ください、千葉県船橋地区ではエリア分けされており、いくつものボーイスカウトの団がございます。下のボタンから、最寄りの団を探すことができます。

その他の地域でもボーイスカウトに興味がございましたら、是非とも最寄りの団にお問い合わせしてみてください。
より詳しく詳細が伺えるかと思います。

TOP