【お知らせ】ボーイスカウト船橋第5団での新型コロナウイルス感染症対応

カブ隊、久しぶりの対面での活動

カブスカウト

ボーイスカウト船橋第5団の小学3~5年生部門のカブ隊では、2021年10月10日に、船橋地区カブラリーの準備等の活動を行いました。
2021年8月2日から9月30日まで新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言により対面での活動を自粛していたため、同宣言解除後、カブ隊では久しぶりの対面での活動となりました。

開会セレモニー

人と人との間隔を空けて実施しました。

ロープ結びに挑戦

カブスカウトでは簡単な結びを自分でできるように、ロープ結びに挑戦しました。
最初は苦戦していたようですが、だんだんとできるようになりました。

カブラリーの準備

主催者からのメッセージには何が……?

カブラリーにあたり、主催者からのメッセージをみんなで読みました。
何が書いてあったのでしょうか。

色を探すビンゴゲームに挑戦

今回のカブラリーでは自然の中で指定の色を探して集めます。
色を探すビンゴゲームに挑戦しました。
各自のビンゴカードをキャンプ場の中で探し、全員が自分のカードを見つけることができました。

指定の色を探すにあたり、あちこち歩いて探します。
自分で安全か危険か分かるよう、リーダーから図示された絵で、どういうことが危険か、どうすれば安全か、話し合いました。
話し合って分かったことを、ふだんの生活や通学でも活かしてもらえればと思います。

この後、各自が自然の中で指定の色を探して集めました。
安全管理上、スカウト1人に大人1人が付き添い、付き添った大人が指定の色の撮影を行いました。
付き添いと撮影には、スカウトの保護者にご協力いただきました。

自然の中で指定の色を探して集めた後、スカウトは元気に遊んでいました。
色を探すのに結構な距離を歩いた人もいるようですが、スカウトは疲れ知らずのようでした。

付き添いの大人に撮影いただいたものをみんなで確認して、ビンゴゲームの答え合わせをしました。

ビンゴゲームの景品ももらえました。

閉会セレモニー

開会セレモニーと同様に、人と人との距離を空けて実施しました。

次の活動もお楽しみに。

感謝

今回の活動では、スカウトの保護者様のご協力をいただきました。
おかげさまで、安全に楽しく活動ができました。
感謝申し上げます。

カブラリーについて

カブラリーは、団を超えたカブスカウトの交流を目的として、地域の各団のカブスカウトが一堂に集まり活動する行事です。
当団活動地域では、船橋市、白井市、印西市の各団のカブスカウトが一堂に集まり、船橋地区カブラリーとして実施されます。
また、数年に一度は千葉県内の全てのカブスカウトが一堂に集まり、千葉県カブラリーとして実施されます。
なお、今回2021年度の船橋地区カブラリーは、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、オンラインでの開催となりました。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP