【カブ隊】チャレンジ章コラボレーションバッジ[VICTORINOX]

こんにちは!船橋第5団のカブ隊です

2018年9月9日(日)にチャレンジ章コラボレーションバッジの集会を行いました。

コラボレーションバッジとは、チャレンジ章に企業とのタイアップによるバッジが数量限定で加わるものです。

これは、通常のチャレンジ章課目と同様に、家庭や組、隊での活動において細目に挑戦し、サインしてもらうことでバッジを制服やタスキに着用できるチャレンジ章です。

全く新しいチャレンジ章の考え方コラボレーションバッジ

カブスカウトの選択課目であるチャレンジ章は、「社会生活」、「自然と野外活動」といった5つの分野で全40種類が設定されています。カブ隊に入隊、上進した後、活動や生活の中で進級課目に取り組みつつ、自分の興味があるものや得意なものから自由に挑戦することができるのが特徴です。隊の指導者や家族の皆さんと一緒になって取り組むことで、生活の幅を広げ、個性を伸ばし、自信を深めることにつながります。
そのチャレンジ章に、企業とのタイアップによるバッジが数量限定で加わることになりました。

https://www.scout.or.jp/cb/

今回、数量限定のコラボレーションバッジで抽選でしたが、なんと..!?
マルチナイフで有名な[VICTORINOX]とのコラボレーションバッジに挑戦することが出来ました !

セレモニー

カブ隊長からスカウトにコラボレーションバッジの説明です。

今回はナイフを使う項目なので、安全について説明がありました。

スカウトも真剣にナイフの取り扱いについて聞いています!

ナイフを使って、マイはし作り!

ナイフを扱う前に、当団のボーイスカウト隊のデンコーチにナイフの扱い方と安全について説明してもらいました。

ナイフは遊び道具ではないことを、ちゃんと指導しています。

ボーイスカウト隊になるとナイフを扱う経験も増えるため、手慣れた様子で切り方を見せてくれます。

カブスカウトも、見よう見まねで頑張ってナイフで竹を削ります。

2人とも無事にマイはしの作成が出来ました!
自分で削ったはしだと、愛着が湧きますね(笑)

リーマーを使って動物よけを作ろう!

リーマと呼ばれる穴をあける道具を使い、動物よけに音の鳴る物を作ります。

今回は竹で作ってみました!

マルチツールナイフで、ナイフ以外の道具の使い方も覚えることができて勉強になりますね!

穴をあけた竹を並べて、紐を通せばカランカラン〜と動物よけになる道具を作ります。

火起こしチャレンジ!

続きまして、次は火起こしチャレンジになります!

まずはナイフを使って火種になる木屑を作ります。
スカウトも少しずつナイフの扱いも慣れてきましたね!

黙々と集中して、木を削っていたら、木屑もこれぐらい作る事が出来ました!

火種としては十分ですね♪

先ほど作った木屑を使い火起こしにチャレンジします。

木屑や小さい木などに、マッチで火をつけます。

初めての火起こしに、何本も燃え尽きたマッチ棒が増えていきます(笑)
何事も最初は経験ですね!

試行錯誤しながら…やっと!

大きく燃え上がる火にスカウトも大喜び!(笑)

自分で作った木屑から火を起こせる体験は、スカウトにとっても楽しいですね!

今回のコラボレーションバッジを通して、マルチナイフの扱い方やナイフの安全な扱い方を覚える事が出来たと思います!

ボーイスカウト隊に入っても役に立つスキルなので、これからが楽しみですね♪

関連記事はこちら

ボーイスカウト船橋第5団では、
御見学や体験入隊は随時受付中です。
御質問や御見学等のお申し込みに関しましては、
下記「お問い合わせをする」ボタンからお願いします。
本件に関するお問い合わせも、
下記のボタンからお願いします。